看護師に必要なスキルは、患者に対して適切な処置を行うことだろう。
基本的に失敗が許されない職業であり、小さなミスでも重大な問題に発展してしまう危険もある。
そのため、看護師は常に冷静に対処し、処置を行わなければならない。

また、病院に来院するのは基本的に病気の治療が目的の人や体に異変を感じて来院する人であるため、常に何らかのウイルスにさらされている環境に身を置くことになる。
つまり、身体が資本の職業と言っても過言ではない。
看護師が風やインフルエンザにかかってしまっては元も子もないのだ。

そのため、病気に対する抵抗力が必要となり、体力が必要不可欠となる。
その他にも常に重い責任を背負って勤務していることでストレスが溜まりやすくなり、精神面が強くなければ長く看護師を続けていく事は困難だろう。
この様に、看護師は体力と共に強い精神力が必要な職業だ。

内面的なスキルの他に、資格として必要なスキルもある。
まず看護大学へ進学し、総合カリキュラムに4年間通うことで、看護師の国家試験への資格を得ることができる。
そしてその試験に合格することで、看護師の資格を取得することができる。
看護師学校では3年間の短期大学もあり、そりちらもカリキュラムを受けることで受験資格を取得できる。
看護師になるための必要最低限の資格は、こういった方法で取得することができる。
看護学校では最低限の過程を終了した後、さらに高度な知識を学ぶために進学することもできる。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 必要なのはどんなスキル?. All Rights Reserved