看護師という職業は、様々なスキルが必要になる。
もしこれから看護師になろうと考えているなら、どういったスキルが必要になるのか知っておくと良いだろう。

まず欠かせないのが、テクニカルスキルだ。
これは専門的な技術や技能のことだが、医学的な技術以外に、患者とコミュニケーションを取る能力なども含まれる。
普段から専門的な技術を学ぶことはもちろん、患者とどういった立ち位置で話をすれば良いのか、どのような言葉をかければ良いのかなどを考える必要がある。
技術的な面ばかりにとらわれず、インテリジェンスも含んだスキルを身に付けておく必要があるだろう。

次に重要なのが、コンセプチュアルスキルだ。
これは臨床判断能力のことで、患者の症状などを見て客観的にどういった処置が必要なのか冷静に判断するスキルである。
重症度や緊急性を的確に判断し、問題解決につなげていく判断能力が看護師には欠かせない。

ヒューマンスキルも、看護師にとって大切なスキルだ。
対人関係能力のことで、患者はもちろん、周りのスタッフとどうコミュニケーションを取るかは、医療現場で働く上で非常に重要だ。
病院ではチーム医療が行われているため、自分だけが仕事をこなせば良いというわけではない。
他職種のスタッフとの連携も大切なため、普段からこまめにコミュニケーションを取り、いざという時にスムーズに意思疎通ができるようにしておくべきだろう。
看護師としてだけではなく、社会人としても大切なスキルだ。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 必要なのはどんなスキル?. All Rights Reserved