看護師になって現場で活躍するためには、様々なスキルを身に付けるべきだろう。

看護師には、医学に関する技能や技術だけでなく、患者に寄り添って話を聞く技術も必要になる。
そのため、看護記録やカルテなどから患者のことを把握していくことが大事だ。
これまで患者がどのような入院生活を送ってきたのかを知り、患者に必要な看護を行うスキルが求められる。
また、患者の体調が悪いと思った際に声をかけたり血圧や体温を測るななど、患者に何が起こっているのか判断することも看護師の重要な仕事だ。
さらにリハビリや検査を行うスタッフを連携することもあるため、相手が言ったことを理解するスキルと、自分の意見をはっきり伝えるスキルも備わっているべきだろう。
そのため、看護師として活躍するなら、コミュニケーション能力や観察力といったスキルを身に付けることが重要だ。

次に、患者の状態を分析して適切なケアを行っていくためには、専門的な知識も必要になる。
しかし、看護師の現場では、学生の時に学んだ技術や知識だけでは通用しないこともある。
常に看護学や医学は進歩しているため、患者に合った対応をするためには、日々学び続けていくことも大切だ。

この他、看護師は寝たきりになっている患者を介助したり夜勤をすることも多いので、体力も備わっていた方が仕事をしやすいだろう。
さらに、患者が亡くなってしまうこともあるので、精神的にタフであることも重要である。
緊張感のある現場なので、オンとオフを切り替えられた方が仕事が続けやすいだろう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 必要なのはどんなスキル?. All Rights Reserved