看護師の仕事は様々なスキルが必要になるが、最近特に重要視されているのがパソコンに関するスキルだ。
昔はカルテなども手書きが主流であったが、最近は電子カルテが導入され、パソコンで管理することが多くなっている。
仕事の効率化のために医療業界でもIT化は進んでいるため、看護師がパソコンスキルを身に付けることは重要だ。

最近は、クリニックや診療所など小規模な職場であってもパソコンは活用されている。
中規模な病院になれば、退院サマリーなどをパソコンで管理するのが当たり前になっている。
看護師として働く場合も関係者とのやり取りをメールで行うことが多いため、タイピングスキルは必要不可欠だろう。
どのようなパソコンの勉強をすれば良いかわからない場合、まずはタッチタイピングの練習をすると良い。
タッチタイピングはキーボードを見ずに文字を入力する記述で、これができるのとできないのでは入力速度が大きく変わる。
必ず必要になるスキルではないが、文字の入力時間が短縮されることで、仕事の効率化が図れるため習得しておいて損はない。

院内病院で働く場合、パワーポイントの使い方も勉強しておくと良い。
文字や表、写真などを使い資料を作成することができるのがパワーポイントだ。
院内の勉強会や看護研究などで活用されるソフトなので、使えるようになっておくと非常に役立つ。

エクセルも標準的なソフトで、どこでも活用されているため使い方を勉強しておくと良いだろう。
表やグラフを使い、アンケート結果などをまとめるのに便利なのがエクセルだ。
病院内で活用される機会も多いため、使えるようにしておくと就職する際にも有利になるだろう。

※パソコンスキルの習得に関する耳寄りな情報や、使用上の注意点・・・http://kangoshi-pcskill.com

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 必要なのはどんなスキル?. All Rights Reserved